融資

お金を借りるときに知っておきたい返済方法の種類について

バブル経済がはじけたり、リーマンショックなどで多くの企業が倒産に追い込まれたり、給料そのものが減額されたり、ボーナスカットなど不景気だなと感じることが日々多くなりました。特にバブル経済で景気が良い時に、高額なマイホームやマンションをローンにて購入し、バブル経済が崩壊したあとも当然そのローンを毎月返済しなくてはいけないので生活は苦しくなる一方です。
 借金というと、ごく一部の人がするものだと捉えられていたのは一昔前のことで、ここ最近は学費や生活費のためなど日常生活を送るうえで必要なお金を借りる人が増えています。金融機関だけでなく、消費者金融、さらにはヤミ金業者などからお金を借りることができるようになり、今やインターネットで手続きができるなど、お金を借りること自体に抵抗を感じる人が少なくなりました。とうぜんお金を借りるということは、返済をしなくてはいけません。大手の消費者金融を例に挙げるとさまざまな返済方法が用意されていて選べるようになっています。
 まず一番お手軽で、多くの人が選んでいる返済方法として消費者金融の所定の口座に振り込むものがあります。近くの銀行からの振込みやインターネットを利用してパソコンやスマートフォンを使って振り込むことも可能です。
 次に考えられるのが口座振替による返済方法です。こちらもいう間でもなく、毎月決まった日に、登録した金融機関から口座振替での返済方法です。こちらの返済方法は、自動的に引き落とされるので、返済を忘れるということがなく、確実に返済ができる方法なのですが、残高不足になっていると引き落としがされないことがあるので注意が必要です。
 他にはATMや有人の店舗窓口で、直接返済する方法などがあります。

参照